-

クレカをショップで使用する場合に一度は思ったことがあるのではと思いますが、レジの人が不慣れなためどちらの明細をお客様の方に渡して良いのか迷っていることがあります。というのは、クレジットを機械に通すと、機械3枚1組の明細レシートが吐き出されるためで、この明細のうちどの紙を利用者側へ渡してよいものかどうか迷ってしまうというものだ。複数の紙について)これらの複数のレシートの正体とはは何なのかについてまとめると下の内容になります。お客様に渡さなければいけない利用レシート。店舗で保管する利用明細。クレジットカード会社控え用利用レシート(サインをするレシート)。通常であればもちろん客へ渡す用の明細レシートを受領するはずなのですがごくたまに、店舗控えレシートの方を利用者のもとへミスして渡してしまった場合や、サインをした方のレシートを渡すなんていう重大なミスすらあります。このようなパターンはパート従業員や、クレジットが利用されることの少ない店頭にてクレジットカードを提示するとそういった店員の焦りというものが垣間見れるだろう(笑)。いつの日か店舗スタッフが誤った方の利用明細というものを提示してときは、怒りを抑えて「これじゃありませんよ」などと言ってあげてください。