-

FX取引の本では「マイナスになったケースではナンピン買いして、平均の買い付け価格を抑える事ができる」等と記述されていたりしますが現実にはここには相当大きな罠があると思います。愛され葉酸

最初に、ナンピンのやり方に関して手短に説明しておこう。ゴキブリなんて大嫌い

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。新作の国産跳ね上げ式収納ベッドのクローリーとレナーチ

ドル買いですから、円安ドル高に推移するほど黒字が大きくなりますが思い通りに行かず1ドル=95円までドル安が進んでしまった。ダイエットエステ 体験

その場合ポジションを持ち続けたらマイナスをなくすためには、損失分、円安ドル高に動かなければなりません。ベルタ育毛剤 副作用

投資家であれば、マイナスは早めにリカバリしたいと願うでしょう。クリアネオ すそわきが

それを解決するため最初にエントリーしたのと同額分の$を95円で買い増します。脂性肌 ベースメイク

そうしたら、ポジションの平均の買い付けコストは97円50銭まで下げることができます2円50銭の幅で円安ドル高に進めば、赤字を失くせます。

それが、ナンピンの理屈です。

このように、ナンピン買いの理屈をみると、「その通り」という考えになるが、市場はそう易々と思うようにはいきません。

だいたい、1ドル95円が底だということなど、誰もわからないのである。

もしも、外国為替市場がかなり強い円高傾向だとしたら1ドル=95円ではとどまらず、一段の円高ドル安に向う確率がある。

一例として、97円50銭でナンピンをした時に、1ドル=95円まで円高が進んだらナンピンしたポジションについても赤字が生まれることになってしまいます。

それでは、最初に持ったポジションと全部で、差損が生まれます。

それほど、ナンピンはややこしいです。

それならば、外国為替市場が自身の台本とは反対にすぐに進む場合、どういう対応で危険の確率を回避すればいいのでしょうか。

こういう状態で選ぶべき手段は多くはありません。

まずひとつは執着しないで損失を確定する事です。

もうひとつは、今現在、自分が持っているポジションを少なくする事によって、改めて外国為替市場が元のようになるのを黙って待つことだけです。

弱腰の術だと言う方もいると思います。

だがしかし、所有しているポジションに差損が生じた時、最も有効なやり方はこれ以上のものは期待できない。

理論上は、ナンピン買いをするという考え方もありえます。

しかしながらナンピン買いは、自分が損をしているのに、買いポジションを小さくするどころか逆にポジションを積み増していく方法である。

この手法では、危険を回避することなどどこをどうやってもやりようがないと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いをし続ければいつの日にか儲けが出るかもしれません。

しかし、それ以前に投資資金は不足してしまいます。