-

ようやく仕かける時という場合では一番に下調べを怠ってはならない。取引を始める前ならばその物を理性的に見ることができるゆとりがあります。しかしながら、ひとたび市場の内部へ立ち入ってしまうと、物の見方が偏ったものになってしまい、しっかりとした見方がわからなくなるリスクがあります。それゆえに自らの考えが合理的なうちに、間違いない準備を進めておくことが大切なのだ。”事前準備”とは、とにかく自分なりの脚本を描くことから手をつけます。これからのこの通貨は下がる(または上がる)からランドを売る(あるいは買う)というような、自分なりの台本を書いていきます。次に大切なのは時間足チャートをチェックしましょう。これまでの為替相場の動きを見定めてチャートをチェックします。すると、「今はなかなか低すぎる場面になっているな」または「すでに大多数の方が取引しているから今から自分が買い(または売り)してももうやりようがない」ということが納得できます。当然ですが今さらエントリーするのが間に合わないなと考えたならば仕かけないで、そこのところは潔く割り切ることが大切です。どうやってもあなたなりの脚本を譲らずに新規エントリーすると、外国為替市場にやられてしまいかえって損することになる可能性があります。とは言ってもかなりの状況で事前に準備している自身の脚本を思い描いているとすれば、取引が遅すぎるということにはなりません。おそらく、リアルに外国為替相場が上げ下げする前のはずだからです。更に、差し当ってあなたがとろうとする外貨ポジションの動きをじっくりと調べる事が不可欠です。例としてドル高が進むはずだという脚本を描いたのであれば該当する外貨の変化に注目する必要があります。マーケットの上下動を注意を払い始めた状態では、まだ該当の通貨は大きく動く雰囲気を見せることなく上や下に小幅な変化を繰り返しているだけだろう。しかしながら、その推移をじっくりと見ていると、ある地点で少しずつ、円安の方向へと相場が動き始めてくる。このタイミングでやっとドルの新規取引します。ここまで周到に準備をやっておけば、その売買で勝利する可能性は高くなります。