-

普通のビギナー向けのFXの書籍では、「損失が生じた場面ではナンピンすることでポジションの平均を買い付け価格を下げる」等とアドバイスしているが、ナンピンには相当の隠れたリスクが潜んでいます。Plataforma de trabalho

まずは、ナンピン買いの理屈について簡単に記述しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。

$買いですので円安ドル高になれば儲けが大きくなりますが、1ドルが95円まで円高・ドル安に向ってしまったとします。

そのままの状態で所有し続けたら損がなくなるまでにはマイナス分ドル高に動く必要があります。

誰もが、マイナスは出来るだけ早く回復したいと思うでしょう。

それを解決するため最初に売り買いしたのと同じだけのドルを、1ドル95円で取引します。

すると、平均の単価は1ドル=97.50銭まで下げることができますこれで、半分の幅で円安ドル高が進むと損失を回復する事ができます。

こういったことがナンピンの理論です。

ナンピン買いのやり方を知ると、「まちがいない」と考えるが、そう容易には思った通りにはなりません。

元々、1ドル=95円が下限だとということなど誰にも分かりません。

例として、市場が相当に強い円高ドル安動向であれば、95円では収まることなく更に一段の円高ドル安にいくリスクはあります。

一例として、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピン買いしたポジションについても損が生じることになってしまうのである。

その状況では、初めに取引したドルと同時に、より大きな差損が生まれる事になります。

それほど、ナンピン買いは難しいです。

それでは、外国為替市場が自分自身の脚本とは逆向きにさっと向う場合どのような手段で危険を軽減すればいいのだろうか。

そこで取れる手段は限られています。

まずひとつは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとりは、保持している買いポジションを縮小することで再度マーケットが元のようになるのを何もしないで待つことだけです。

消極的な方法だと言う人もいると思います。

だけど、所有しているポジションに為替差損が生まれた時、最も適切なやり方はこれ以外にはないです。

確かに、理屈の上ではナンピン買いするという対策もありえます。

しかしながらナンピン買いは自分が損失を披っている場面で、買いポジションを減少させるどころか、逆にポジションを積み重ねていく方法です。

それでは、危険を回避することなどどこをどうやってもやりようがない察するべきです。

ナンピンをしていけばやがては利益を上げられるかもしれません。

でも、その前にお金がショートしてしまうだろう。