-

私は中学生の終わりに入った頃から小説を読み始めるようになりました。元々小説は私の親が読んでいて家にたくさんあったのですが、字ばかりなので読みづらいだろうと思ってまったく手をつけず、漫画ばかり読んでいました。 そして中学三年のときに、朝に本を読む時間というものがありました。読む本は小説でしかダメなため、あまり気が進まなかったのですが、仕方なく読んだのです。ところが私が朝の時間に読んだ本が思いのほか面白く、朝の時間だけでは飽き足らず、家に帰っても熱中して読んでしまいました。 その本をきっかけに私は小説というものに興味が沸いてきたのです。そこで親にこの本みたいに面白い小説はないかと聞いたところ、超能力がテーマのミステリー小説を薦められました。さっそくその本を読んだ私はまたもやその面白さに衝撃を受けたのです。超能力というものがでてきながら、その解決は無理やりではなく論理的、キャラも漫画のように立っていたのもあって、私はすぐにその世界観に入り込むことができました。 それからというもの私は小説、というよりミステリーや推理小説にはまり、本屋さんで買いあさることが多くなりました。