-

破産を申し立てるまでの間では債務のある本人に対する電話による返済請求と負債のある自宅への訪問での集金は無法とはいえないということです。76-4-24

とりわけ、自己破産申請の事務手続きに進んだあと申し立てまでに余計な時間があったときには無理矢理な収集をしてくる確率が増えます。76-11-24

債権保持者側からすると債権の返済もされずに重ねて破産のような法的な対応もされないという状態であればグループ内部で対応をすることが不可能になるからです。76-13-24

そして、債権人の一部は有資格者に結びついていないとわかると、かなり無理矢理な締め上げ行為をやってくる債権人もいます。76-19-24

司法書士事務所あるいは弁護士団体に助力を求めた場合には、個々の債権保持者は本人に関しての取り立てを続けることができなくなるのです。76-10-24

要望を受諾した司法書士の方または弁護士事務所は受任したという内容の書類を各取り立て屋に送りその通達を手にとったとき債務者は取り立て会社による激しい返済要求から逃れられることになります。76-6-24

さらに、取り立て企業が仕事場や故郷へ行っての返済要求は規程で認められていません。76-14-24

登録が確認できる会社ならば職場や本籍地へ訪れる収金は法に抵触するのを分かっているので、違法であると伝えれば違法な集金をし続けることはないと言えます。76-2-24

自己破産の申し立ての後は、申立人に対しての返済要求を含めありとあらゆる返済請求行為は不許可になります。76-15-24

よって、取り立て会社からの返済要求行動がすべて消えるということになります。76-5-24

けれどもときには違反と分かっていながら訪問してくる業者も存在していないとは言い切れません。

事業として登録が確認できる会社ならば、破産に関しての申請後の返済請求が貸金に関する法律のガイドルールに反するのを把握しているので、法に反していると伝達してしまえば、法外な徴集を続けることはないと思います。

といっても、ブラック金融と言われる不認可の取り立て屋に限っては常識外で返済要求などによる被害事件が減らない情勢です。

法外金融が取立人の中にいる可能性がある場合には絶対に弁護士の方それか司法書士グループなどの法律屋に救いを求めるといいです。

76-9-24 76-16-24 76-8-24 76-17-24 76-7-24