-

車の事故は、自分だけの自損事故と誰か別の人が関与した交通事故がございます。クレジットカード比較

あなただけの事故の場面ではあなただけで対応をしたら終わりとなりますが他人に影響を与えた車での事故はどちらにどのくらい手落ちがあったのかを調べて、それによりマイカーの修復の費用や和解金の額等が決定されますので車の保険会社の有識者と一緒の相談が欠かせません。

大概の車の事故状況で、相手だけでなく自分にもちょっとは損失がある場合が多数で片方の落ち度だというケースは少ないです。

当然ながら赤信号無視や一時停止でもそのまま進んだのような違反があって起こった事故ならかなりの間違いになりますが、被害を受けた人であっても手落ちがあると言われます。

車での事故の状況ではどの人の過失が原因で起こったかという判断が物凄く重要にされるので、これを数字で伝えるのが「過失割合」(過失割合)なのです。

例として、上記の赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視した場面であるならば、法律であれば相手の人が全部の過失があるように思いますが、もしもその車が前方からこちらに向かってきていて見て確認できた時だとすれば被害者側も注意不足があるとして1割程度の間違いがあると判断されるかもしれません。

つまりこの場合は相手9割事故に巻き込まれた自分が1割過失割合となり過失が大きな方に手落ちが問われたりします。

そして自動車での事故の割合以前の判例を目安として判断されることがケースが多く日弁連交通事故相談センターから公表されている基準となる表が参考として利用されています。

このような過失割合の、割り当てが高ければ高いほどミス、要するに賠償すべき金額も大きくなると判断されるので、事故に関する交渉は事故に巻き込まれた人だけでなく車の保険の担当を交えてちゃんと調整することが大切です。